神戸市営地下鉄の定期券がICOCAでも発売されるようになった。
ただし、今使っている従前の磁気カード方式の定期券がそのままICOCAへ移行出来るわけではない。
今の定期券を精算して解約、あらためて新規として買い直すという形になり、デポジット代として500円プラス1500円のチャージの義務が伴う。
都合2000円の出費となるが、紛失した時にすぐにJRもしくは地下鉄の最寄りの駅で、購入時に登録した暗証番号を告げ、紛失定期券を無効化してくれるのはありがたい。
私の地下鉄定期は三宮駅とわりと乗降客数が多い某駅とを結ぶ230円区間のだから、それなりに使いでがあり、拾った奴はおそらくに届け出なく、そのままちゃっかり自分のものとして使いやがるに違いない。まったくふてぇ野郎だ。
高額な定期代もさることながら、拾得者が「でひひひひ」と、ほくそ笑みながら使いくさりやがってと思ったら、それはそれはもう悔しくて仕方がない。
夜毎涙で枕を濡らし、ハンカチを奥歯で噛みちぎり、この恨み晴らさずにおくべきかと身体全体を瘧のようにうち震えさせる毎日であろう、とまだ落としも紛失もしていないが確信をもって言える。
これを想像怒りという。そのまんまやんけな名前であるが、思い出し怒りとともに持って行きようのない怒りの双璧である。
思わず地下鉄の車内で一人「落としたら悔しいやんけ!」と絶叫したものである。
2000円という濫觴の出銭を保険ととらえ、ICOCAで地下鉄もいこかと思案投げ首である。
ところで「AHOCA」というICカード乗車券もある。
これは定期券では発行されない。当日有効の普通乗車券のみで販売されている。
よほどの鉄道オタクでもなかなか入手しにくい。
発売日や発売駅の告知もなく、JRを含む関西全鉄道のどこかの駅で年に1日だけ売り出されるICカード乗車券である。
1枚100円。有効期間は1日。JRの「大阪都市近郊区間」、関西民鉄の「ぐるっと関西」区間内であればどの鉄道路線でも乗車可能である。
問題は降車時である。買った人間がツイていれば無料で改札を通れる。そうでなければなんと10000円の乗り越し運賃が請求される。
極端な話、JRの有効区間の最西端である播州赤穂駅から乗り、JR赤穂線、山陽・東海道本線をたどって京都駅まで乗り、そこで近鉄の京都線に乗り換えて、同大阪線山田線を乗り継いで伊勢駅まで行っても0円で済めば、大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅から乗車、一駅隣の淀屋橋で降りて10000円取られるということもあり得る。
まことにギャンブルマインドに溢れた乗車券なのだ。
10000円を支払うのは不服として自動改札の閉じられたバーを強行突破すれば、ドローンが「あほか。運賃払え払わんか」との電子音声を伴い、無賃乗車した不心得者をどこまでも追いかけていくという恐怖の乗車券でもある。
このドローンがまことに精緻巧妙に出来ており、ホバリングしながら10台の小さなドローンに分裂する。
CDよりひとまわり小さいサイズのドローンが、ターゲットをどんな細い路地のみならず屋内までまるで蚊の如くブーンブーンと唸りながら追いかけてくる。
何かをぶつけたり、手を伸ばして墜とそうとしても無駄で、中に仕掛けられたパチンコ玉を雨霰のように連射してくる。私も経験があるがあれを浴びせられた時の痛さといったらない。
AHOCAの名前の由来はICOCAから来ていると思われがちだが、実は古代中国に棲息していたと今に伝わる「阿房蚊」にちなんでいる。
関西弁の「あほ」の語源は、秦の始皇帝の「阿房宮」であるがそれと同じなのだ。
運験しに1枚買われては如何かとお勧めする次第ではある。あほか。