焼きそばはソース焼きそばより塩や醤油で味付けた焼きそばが好きだ。
塩焼きそばは淀屋橋にある、昼は大衆食堂、夜は居酒屋になる「京家」という店でその味を知った。
醤油系は「餃子の王将」の焼きそば。王将に行けば餃子と焼きそばとビール、とりあえずこの3点セットを注文する。
どちらの焼きそばも家庭で再現出来そうで、微妙にそれは無理なことだと思い知る。
素人の誰もが家庭で簡単に作れるものでお金は取れないよ、と言われているようだ。
塩焼きそばは塩とわずかにオイスターソース、そして味の素で調味する。
ソース焼きそば、あれはソースが完全に独裁者然として中華麺を抑圧しているが、塩や醤油のはそれらが下支えしながら、本来は邪魔なはずの中華麺の鹹水くささにいいアクセントを与えて美味く感じる。
image