晴れ。日差しがあるうちはいいが、少しでも陰ると冷たい風が吹き、真冬に戻ったかのよう。
3月11日ということで、れいによって東日本大震災関連のニュース相次ぐ。
もう6年になるのか。ちょうど6年前の3月分から、前に勤めていた会社の給料遅配が始まったのは。
典型的な二代目目あほぼん社長と監査役であったその嫁の乱脈といってもいい経営で、その前年あたりから沈没しつつあったのだ。
得意先や社員に平気で嘘をつく夫婦だった。バレているのがすでにわかっているのにそれでも虚言を弄するその姿に怒るよりもただ情けなかった。
あの時、すでに五十路の半分まで歩いていたので、おいそれと辞めるわけにもいかず、結局次の年、今から5年前の秋に私を含めた社員全員愛想尽かして出ていってしまった。
2013年秋に倒産となったのだが、弁護士が入っての債務整理において厚生年金や健保未払いなど公的な負債が1億近くもあることが判明。法律上公的負債弁済が最優先されるため、すでに我々の未払い賃金や退職金、得意先の売掛代金など債権は事実上0となってしまい一銭も還らず。
湘南の某地にある社長宅と土地はとっくの昔に銀行抵当物件となっていた。社長は会社に対して連帯保証人となっていた為、当然これらの財産もパー、会社の金で月に200万も銀座のクラブ通いで費消、嫁は嫁で同じく会社の金を横流し、自分で健康食品通信販売めいたことをやっていたのだから呆れた夫婦である。
これって背任横領で刑事罰に問えると思うのだが雲隠れ。どこでどうしていることやら。
昨日はやくざが大嫌いだと書いた指が、ああ、こんな時やーさんの知り合いがいれば、あるいは萬田銀次郎みたいな人とおつきあいがあればオレ(折半)でもええからキッチリ追い込みかけとくなはれ萬田は~んと泣きつけるのに、などと愚痴りのキーを押している。
まあ、きょう日の極道である、社員5名の退職金も含めた未払い賃金〆て総額3000万くらいのキリトリじゃシノギにもならんわ、と鼻もひっかけてくれないけれど。
東日本大震災、いまだ6万もの人が心身ともに消耗疲労する仮設住宅暮らしを余儀なくされてimageいるのに、安倍晋三ときたら「ひとつの節目がついた」と首相記者会見もせず、被災者やフクイチのことなど知ったことかと言わんばかり。
「節目がついた」というのは被災した側が言うことだ。
日本語の遣い方もわからない、所詮この程度の男である。自分の名誉と栄達と保身しか考えない小物であったことがこれでよーくわかっただろう。
まだこんな男を支持しているのが国民の半数いるというのだから面妖、不可解だ。
こいつを見ていると虚言で保身汲々それでいて虚勢張りと見栄張りの塊であった社長夫妻を思い出して不愉快になってくる。ああ腹がたつ。