朝晩は放射冷却現象でやたら冷え込むが、昼間はぽかぽか、いや、ぽか一つくらいの暖かさ。日差し自体は完全に春のもの。
今日はツキイチの散髪日。ここ数年ずっとサイドとバックを短く刈り上げトップまわりに髪を残す、いわゆるソフトモヒカンスタイル。
10年前に丸坊主にしたのがきっかけで、ちょっとでも後ろ首や耳たぶに伸びた毛が触れたら鬱陶しくてたまらなくなる癖がついてしまった。
その頃の行きつけの散髪屋の大将が「髪の毛短う刈りあげたら癖になりまっせ」と言ったものだが本当だった。
10年の間に何度か、普通のおっさんの髪の普通の長さまで伸ばそうと決意するのだが、前記のラインまで伸びて来たら辛抱たまらん!状態になるのだ。
爾来、丸刈りにしたり角刈りにしたり、ソフトモヒカンにしたり、とにかく短髪スタイルヘッドを繰り返し、今の形に落ち着いている。IMG_0049
せこいことを言うなら、短髪はランニングコスパが抜群にいい。丸坊主、角刈り、ソフモヒなど安トコチェーンの1,000円散髪で充分。もっともオシャレな人はそんな頭でも、それなりの理髪店や美容院でちゃんとハサミで短く刈り込んでもらうらしいが、私には関係ね。
電動バリカンを買ってきて自分でやったこともあるが、丸坊主以外はどうしても上手くいかない。丸坊主にしたところで剛毛に出来ている私の髪はすぐに刃をワヤにしてしまう。バリカンの手入れもあれはあれで結構めんどくさいし。
寝ぐせや強風で髪の乱れとはまったく無縁、夏なんぞは汗かきすぎたと思えば、そのへんのトイレに駆け込んで頭に水かけて、ぶるっぶるっと振って水を切り、歩いているうちに瞬く間に乾く。まったく犬みたいで便利な頭だぜ。
顔の作りはブサイクだが、全体的に濃い顔つきで人相も悪いと来ているから、この頭が変に板についている。
よって外見的にはコワモテ、しかも小太り。これで肩を少し怒らせて歩けば、その筋の人っぽく見えなくもない。
一度だけだが、深夜のコンビニの前でうんこちゃん座りでたむろっている茶髪金髪のオニイチャンたちの中をわざとゆっくりと歩いたら、悪ガキどもは座ったままささっと左右にずれて道を開けてくれた。まるでモーセの海割りてヤツだな、あれは気持ちよかったぜ。でも心の中ではビビりまくっていたぜ。
家に帰ってその話を家人共にして「俺もVシネに出てくるヤーさんみたいやの~出れるかもわかれへんで」と得意になっていたら、「ええ年こいてあほちゃう」の一言で黙らされた。モーセは波に呑まれて奇跡は終わった。