午前中、強い風吹き渡り、午後より雨がまとまって降るのと同時に気温波及効果、気温は急降下と書きたいのにこんな変換しやがったGoogle日本語入力。アホだ。
こと日本語の変換能力に至っては日の丸ATOKの足元にも及ばない。
「グーグル秘録」読み続ける。世界中の本をスキャニング、データ化する過程で著作権という大きな壁にぶつかる。人が心血注いでものした著作物を平気でコピーしてネットを通じて何が悪いと開き直るわりには、自分とこの検索エンジンやその他の自社開発ソフトウェアなどの知的財産物は当社の重要な資産ですと必死に守るのはあまりにも身勝手。そりゃ叩かれるわな。
理工系の人の悪い癖で、数学の正解は一つしかないのと同じく自分のやり方がこの世の唯一絶対のものであるという信じたがる。自分という宗教に自分でぬかずく滑稽さ。
宗教といえば、清水某というグラドル出身のタレントがいきなり所属事務所をバックレて、生まれた時から親共々信仰している宗教団体での活動に専従するという騒ぎが出来している。
この宗教団体の長は歴史上の人物はおろか、今存命中の有名人の霊言とお話が出来るという笑けるしかないすごい人で、自らの肖像写真を御本尊様として信者に100万円もの金で売っているそうな。
ここのライバルの某巨大宗教団体のコピー曼荼羅本尊はたしか1幅3000円。ま、鰯の頭にもいろんな値段があるようで。
人が何を信じ、何を拝もうと、かつてのオウム真理教のようなことをしでかさない限りは勝手であり、笑いながら「勝手にやってなさいね」と生温かく野次馬的に見ていればいいのだが、清水某のやり方は宗教人以前に社会人として、一個の職業のプロとしてまるでだめ。
水着は嫌だの握手会は嫌だの給料安いだの、そんなのグラドルでバラエティもやりますタレントでいこうと思った時にわかっていたはず。子供じゃあるまいし。彼女の味方はかの宗教団体とその信者しかいないと言っても過言ではない。
こう言ってはなんだけど、宗教にのめりこむ人って実は無責任なんだ。自分で考えることを放棄して自分の運命をすべて信じる神にゆだねてしまっている。人生を生きるにはその方がたしかに楽だが、自分の人生に自分で責任を取ろうとしない不誠実な態度のまま、そしてそれがおかしいと疑わず思考停止状態でいるとは。人生ふざけて送っている。笑わせるな。