ubunntuをUSBから起動させたといってもLinuxの初歩の初歩のレベルである。
理想はデュアルブーストで、やはりHDから起動させてこそである。そのためにはHDのパーティションという作業が待っている。
ネットを見ると、これがやや難しくコマンドをいろいろ打ち込んで記述しないといけなさそうだ。昔のDOSコマンド打ちを思い出す。必要はスキル向上の母。おいおいやっていくことにする。
最新のWindowsマシンを買う金があれば、こんな手間なことはやらずさっさと買っている。
物事万事お金がなければ知恵を使う。お金で解決出来るならそうしたい、それが出来ないから頭を使うわけだ。
世の中一番賢いヤツは金を持っているヤツから金を引き出させることだ、黒川博行「後妻業」を読んでいて思う。
これに出てくる小夜子という数え年70のババアの、もはや悪女のレベルを超えた魔性ぶりがいい。IMG_20170322_133744
この女とコンビを組む柏木がこれまた一癖も二癖もある悪の四十男で、妻に先立たれ老いてやもめの身となった、小金持ちの爺さんたちに小夜子らを後家として送り込み、老い先短いのをさらに人為的に短くさせて寿命を閉じさせ、その遺産を搾り取るというのが物語の肝、彼がいわば狂言回しとして物語を進めていく。
黒川の小説は昔から好きで、主人公のほとんどはどいつもこいつも救いようのない悪ばかりである。胡散臭いヤツが、おそらく日本で一番数多く棲んでいるであろう大阪という魔都を舞台に、悪知恵を働かせて彼らは暗躍蠢動する。
「後妻業」が去年映画化されたことは知っていたが、小説や漫画が映画化されて原作を超える出来であった話など、他人はどうか私は聞いたことがないので、観ない(観る気すらないが)うちからこの「後妻業」の映画もそうであると決めつけている。大竹しのぶ好かんしな、笑。
「けど、昨日、ナースがおしめを替えるとき、ちんちんの裏を拭いたら、ううっと声を出すんや。棺桶に首まで浸かってんのに、まだ忘れてへんのやで」
「爺は勃ったんか」
「勃つわけないやんか」
「倒れる前の話や」
「あいつ、スケベやねん。勃ちもせんくせにちんちん触ったったら、えらい興奮して、わたしのパンツを脱がそうとする。せやから、一回、一万円であそこを見せたるんや」
「あんた、金とって見せてたんか……」
「あたりまえやんか。女のいちばん大事なとこをタダで拝もうなんて甘いわ」
「ええ根性やの」
感心した。大した女だ。徹底している。「おれにも一万円で見せてくれるんか」
「あんたはタダでいいわ」
小夜子は肘掛けに寄りかかって脚を組んだ。「ちんちんも舐めたげる」
「そいつは、おれが金もらいたいな」
「やめてよね。嘘に決まってるやろ」
小夜子と柏木、悪徳コンビのターゲットの91歳の爺さんが脳梗塞で倒れた後のシーンだが、年をとっても哀しき男の性(さが)をさらりと下品であけすけ、しかしどこか小洒落たテンポのいい会話の応酬で描いてみせる。大人の漫才でもある。
昼下がりのビールと、そして頁めくりが進む。 

作業メモ代わりに。

目的はWindows環境とLinuxのそれとの併用。
マシン内蔵HDにLinux関係は入れない。
すべてUSBメモリで完結させる。

32bitマシンであるから、それ用のLinuxディストリビューションを探した。
数ある中でubuntu15.04"vivid Vervet"を選択。
以前一度落とした別のver.のisoファイルは消す。

USBメモリへの書き込みには、フリーの「LinuxLiveCreator」を使用。直接USBメモリにisoファイルを書き込ませた。Linuxlive4
一旦USBメモリを抜き、マシンを再起動させる。
HPのロゴが出たら、F10キーを押しBIOS設定画面を出す。
BIOSが起動の際、一番最初にUSBメモリを読み込ませるように設定を変える。
BIOS設定画面から抜けて、オートで再起動となる。その時にUSBメモリを挿す。
ubuntuのデスクトップが出た。一応、素の段階のLinuxが稼働出来たわけだ。

IMG_20170321_162346「ubuntuを試す」「インストールする」の画面が出た。ここでインストールをクリックしたらまったく意味がないどころか、先日システムやファイルのバックアップを取ったとはいえ、また一からWindowsをリストアしなくてはいけない。当然「試す」をクリック。

一番心配だったのはADSLモデム経由でネットへ接続出来るかどうか、だったがプリインストされたFirefoxでチェックする。
検索ボックスには日本語は入れられない。アイコン名はツールバーなどは日本語表示であるが、ユーザが日本語の入力と変換を行うには日本語入力のアドオンが必要みたいだ。

それは後日するとして、適当に英文字で日本語単語を入れるとリストが並び、適当にクリックしたらそのサイトに行けた。つまりはネット接続はOKである。要はネットで使うからLinuxを入れたわけで、当初の目的はクリアしたか。

先ほど「素のままのLinux」と書いたが、プリインスト(なぜかAmazonリンアイコンクがある、笑)のアイコン以外のものはセキュリティも含めて、あんたがカスタマイズしてちょうだいね、と言うことだ。IMG_20170321_162958
自由度が高いところにLinuxの値打ちがある。

シャットダウンの項目があったので、クリックして電源を落とす。USBメモリを抜く。
あらためて電源を入れて、F10キーを押しBIOS設定を呼び、デフォのCD-ROMからの起動に変えておく。いつもどおりのWindowsのデスクトップが出た。

images





 

 

窓外見やれば春の陽光まぶしく、日差しのラインを五線譜がわりに、洗濯物を干す妻の鼻歌が音符となって流れ落ちている。
時には音階を踏み外し、楽譜が弦となり弾き飛ばした音符たちがベランダの床で所在なさげだ。
その妻がこぼすには、いかなごのくぎ煮に使うシラスの値段がこのところずっと高止まりしているとの由。
不漁といわれた去年よりも今年は解禁直後から漁獲量が伸び悩み、そこへもって、ここ10年の間にくぎ煮は徐々にメジャーな存在へと変わり、本来は播磨灘沿いでしかも早春から晩春にかけてしか食されなかった素朴な地方料理は今では年中大阪のスーパーやデパートで売られているぐらいに出世した。
ネットのレシピサイトの普及も手伝い、播磨灘のみならず京阪神の家庭でも気軽にそれぞれ独自の味付けのくぎ煮を家でこしらえるようになった。
IMG_1322単に飯菜や酒肴に食されるだけではなく、チャーハン、トースト、サンドイッチの具など、これを使った料理のバリエーションも広がっている。
需要が大きい先に供給も大きくするのが経済原則というもの。かくして播磨灘沿岸よりはるかに巨大な消費地である大阪方面への出荷が激増し、それが本来の我々地元の品薄と高騰の現象をもたらしている、というのが家の近所で商う魚屋の大将の話であった。
日頃世話になっている人へ万分の一のご恩返しの代わりになどとは口はばったくとてもじゃないが言えた義理ではなく、本音としてのご笑納遊ばせで召し上がって頂く分、そして大阪に住む老いさらばえた私の父母、特に認知の症状が認められ養護老人ホームに入所している母はくぎ煮だけはわかるらしく、義理のつく親にそれを教えた妻の味付けの子細をいまだ忘れず、いちいちそれを口にしながら、美味しい美味しいと食べてくれ、それを見ている妻の目の端に光るものを見ていると、極道息子も親孝行の真似事の爪の先ぐらいは出来たかと自惚れ、妻に心の中で手を合わせたりもする。
そういった方面へ、多寡が知れた量をタッパに入れて送り、あるいは届けるのだが、自家消費分や肉親に食わせる分は諦めて、せめて人様にご賞味いただく分だけでも確保したいのだが、1kgあたり5,000円前後(10年前なんぞ1,000円もしなかった)をずっと維持している現状ではそれもままならぬと嘆くことしきりなのである。
新長田をはじめ神戸の各所で、いかなごくぎ煮のイベントが目白押しなのだが、また神戸市明石市などの自治体もご当地グルメとして全国にPR相これ努めているのだが、相手は生き物、捕獲高の高低(たかひく)を見定めてからやれ、と見当ちがい、いやあながちそうでもないぞ、どちらでもいいが八つ当たりもしたくなる今日この頃ではある。

晴れ。朝と夜は冷え込むが昼間は暖かい。週末3連休は春らしい陽気が続くという。
これで最後、と思いおとといの夜、日付が変わる直前にamazonに発注したニコレット48錠入りが昼過ぎ到着。2,872円也。2,000円以上なので配送料無料。今喫っているエコー10箱分でチャラとなる。
ひと月にかの煙草はだいたい10箱買うから、後々の煙草に対する無駄な出費を考えるとイニシャルコストはいい。
しかしまあamazon、例によってこの小さな商品にこの大きな箱。蔵出しの際ピッキングの効率化のため、箱は再生資源を利用しているなどの事情は知っているが、配送車に不要なスペース、配達人に余計な体力を費消させている。image
配送業者はクロネコヤマト。あまりにも増えすぎたネット通販に悲鳴をあげて、大口荷主である通販業者に配送料値上げを申し入れ、再配達時間対応を見直しも検討している最中である。
amazonには年間3,980円を支払えばプライム会員とみなされ、即日配達のサービスの恩恵を受ける。これがヤマトその他の配送業者の従業員のオーバーワークを生み出しているとみた。
その日のうちに手に入れたい商品などそんなざらにあるわけでもないのに、到着するまでに3日や4日かかろうと別段差し障りのない商品に対してなんでもかんでも、3,980円のモトを取ろうと「即日配達指定」を簡単にポチッとクリックするセコい了見の客にも責はある。
至急便や速達便を指定すれば無料どころか通常料金プラス割増料を請求される、それを甘んじて受け入れるのが正常な買物というものだ。
コンシューマ側も企業に過剰なまでのサービスを要求することをほどほどにしておかないと、結局そのツケは消費者に廻ってくる。ヤマトは大口需要のみならず、個人客の配送料もアップする方向にある。
365日24時間営業が当たり前だったコンビニ、ファミレス、ファストフード界も、ある程度の時間が来たら店を閉めたり、定休日を定めたり(一部のデパートは定休日を復活させている)する方向にもっていくようだ。
いいことである。毎日休まず24時間店を開けていることの異常さにやっと気がついたか。ブラック労働化するのは必然で、やっすい給金で仕事も結構きつくて、となれば誰がこんなところで働くもんかと辞める人が増え募集をかけても集まらないのは当たり前じゃないか。
こんなアホなことを先進国でやっているのはアメリカと日本ぐらいである。人と労働とがほどよく調和されて、それでいて生産性が高いドイツやフランスなど「洗練された、人の顔をした資本主義」諸国から見れば狂気の沙汰であろう。
夜中に突然ガリガリ君が食べたくなっても、金麦とファミチキが飲み食いしたくなっても、腹が減って減ってああ今すぐ牛丼特盛かきこみたくなっても朝まで待て。待ったところで人間死にはしない。

未明から変に暖かいと思ったら、払暁頃から雨が降った。昼過ぎに止んだが寒気を呼び込んだ雨だった。
ubuntuのisoイメージをダウンロードする。2時間近くかかった。
あらかじめLiLiをUSBメモリに入れてあるので、これで一応ubuntuをwinとデュアルブートすることが出来る。今日の作業はここまで。慎重に少しずつコトを進めないと。
2時間のダウンロードの間、昼夕兼用のメシを食べながら、ミヤネ屋や直撃Liveグッディ、国会中継などをザッピング。
森友学園と南スーダン撤退、この両問題に絡む稲田防衛大臣のことばかり俎上に上っている。
籠池オヤジとその長男の会見を観ていると、この二人とてもじゃないが教育者には見えない。どう転んでも狡猾な商人である。アクセントと語彙がそのまま大阪弁だから余計にそう感じる。大阪弁はこういう時損をする。大阪弁に愛とインテリジェンスな話柄はバッドチューニングである。
籠池ファミリーは左翼の「プロ市民」同様、ビジネス右翼そのものだ。教育勅語や国家神道をまともに奉ずるならば、助成金目当てや認可を受けやすいために、小学校開校費用の額面が違った3通りもの契約書を作成するというような姑息な真似は自ずから恥ずかしくて出来ないはず。
べつに教育勅語なんぞ今どき黴の生えたようなものは良しとしないが、あそこに書かれている理念は明治の初めに新たに近代国家としてリスタートする気概に溢れた幕末の諸賢たちの、次代を担う子どもへの熱誠の真髄である。
それを、ああいう小汚いあきんどどもが徒に弄って黄白稼ぎの基となし、それに政治家風情がタカることに吐き気がする。
inabaそれにしても稲田防衛大臣はいつ見てもチャーミングやのう。御年58のおばちゃんには見えん。眼鏡と柄タイツがよく似合う。眼鏡女子が嫌いではない、むしろ知的な雰囲気があって好みとする。実際彼女の答弁を見聞きしていて、その主張の是非は措いて頭がいいなあと感じさせる。
彼女の若い頃の写真を検索したら出てくる出てくる。いやはや実に朋美萌え~(*´▽`*)やんかいさ~、と軽薄なことをほざく五十路男を生み出した戦後民主主義教育とやらも如何なものかと思ったりもする。


晴れ。日替わりで寒暖くりかえす。今日は暖。
Firefoxの動きがやけに遅いなと調べてみたら、自動的にブラウザごと新しいverに更新してくれる機能はいいが、カスタマイズで入れているサードパーティのアドインが悪さをしていたようだ。
自由度の高いブラウザゆえに日頃のチューニングもマメにしておけというわけだ。
しかしセキュリティのレベルは高く、いまだXPやVistaのユーザーのほとんどはこのブラウザを介してネットに接続している。姉妹品である、これもセキュリティレベルが高いメーラーのThunderbirdとともに。
しかしなんだな、XPでネットを使っている人を何人か知っているが、ウイルスに感染した、あるいはもっと悪質で深刻な被害である、自分のマシンを踏み台にされて他の見ず知らずの人のマシンで暴れられたという事故に遭ったという人は皆無。
Windowsのバージョンアップがそのまま大きな商機となるアンチウイルスベンダ、バージョンアップにともなって買い換え需要を狙う周辺機器メーカー、これらの業界にまとまわりついてメシを食っているメディア関係者、IT評論家どもが一体になって仕掛け続けたステマであったかも、とさえ思ってしまう。
コンシューマレベルではなく、たとえば行政や企業のサイトに侵入という事件が頻発しているが、もしこれが古いバージョンのOS使用に因ることがわかったなら、転ばぬ先の杖的に先に責任逃れの告知をするのが役所の常、その伝でいけば経済産業省あたりが躍起になってWindowsは必ず最新のバージョンを使えと言いそうなものだがやらない。さすがに独立行政法人IPA(情報処理推進機構)はPRはするが、ACで広告を打ってまではしない。だから

images


と思いたくもなる。
大相撲が今日から始まった。稀勢の里まずは初日白星。遅すぎた横綱到達ゆえ、いわゆる「大横綱」としてその名を後世に遺すのはチト難しいだろうが、やはり日本人横綱の人気はたいしたもので、おそらく視聴率もここ数年で最高ではないか。
白鵬は負け。10年代前半の向かうところ敵なしの強すぎる横綱の面影はもう完全にない。ここ数場所、これが横綱がとる相撲かと情けなくなるような取り口が目立っているし。盛者必衰。

晴れ。日差しがあるうちはいいが、少しでも陰ると冷たい風が吹き、真冬に戻ったかのよう。
3月11日ということで、れいによって東日本大震災関連のニュース相次ぐ。
もう6年になるのか。ちょうど6年前の3月分から、前に勤めていた会社の給料遅配が始まったのは。
典型的な二代目目あほぼん社長と監査役であったその嫁の乱脈といってもいい経営で、その前年あたりから沈没しつつあったのだ。
得意先や社員に平気で嘘をつく夫婦だった。バレているのがすでにわかっているのにそれでも虚言を弄するその姿に怒るよりもただ情けなかった。
あの時、すでに五十路の半分まで歩いていたので、おいそれと辞めるわけにもいかず、結局次の年、今から5年前の秋に私を含めた社員全員愛想尽かして出ていってしまった。
2013年秋に倒産となったのだが、弁護士が入っての債務整理において厚生年金や健保未払いなど公的な負債が1億近くもあることが判明。法律上公的負債弁済が最優先されるため、すでに我々の未払い賃金や退職金、得意先の売掛代金など債権は事実上0となってしまい一銭も還らず。
湘南の某地にある社長宅と土地はとっくの昔に銀行抵当物件となっていた。社長は会社に対して連帯保証人となっていた為、当然これらの財産もパー、会社の金で月に200万も銀座のクラブ通いで費消、嫁は嫁で同じく会社の金を横流し、自分で健康食品通信販売めいたことをやっていたのだから呆れた夫婦である。
これって背任横領で刑事罰に問えると思うのだが雲隠れ。どこでどうしていることやら。
昨日はやくざが大嫌いだと書いた指が、ああ、こんな時やーさんの知り合いがいれば、あるいは萬田銀次郎みたいな人とおつきあいがあればオレ(折半)でもええからキッチリ追い込みかけとくなはれ萬田は~んと泣きつけるのに、などと愚痴りのキーを押している。
まあ、きょう日の極道である、社員5名の退職金も含めた未払い賃金〆て総額3000万くらいのキリトリじゃシノギにもならんわ、と鼻もひっかけてくれないけれど。
東日本大震災、いまだ6万もの人が心身ともに消耗疲労する仮設住宅暮らしを余儀なくされてimageいるのに、安倍晋三ときたら「ひとつの節目がついた」と首相記者会見もせず、被災者やフクイチのことなど知ったことかと言わんばかり。
「節目がついた」というのは被災した側が言うことだ。
日本語の遣い方もわからない、所詮この程度の男である。自分の名誉と栄達と保身しか考えない小物であったことがこれでよーくわかっただろう。
まだこんな男を支持しているのが国民の半数いるというのだから面妖、不可解だ。
こいつを見ていると虚言で保身汲々それでいて虚勢張りと見栄張りの塊であった社長夫妻を思い出して不愉快になってくる。ああ腹がたつ。

晴れ。春は目の前で足踏み状態。昨日などは少し陰っただけで手がかじかむような寒さだった。今日は幾分か和らいでいる。
結局娘が出してきた富士通の2004年リリースのレガシーノートであるFMVは電源を入れても黒い画面のまま。冷却ファン音だけがむなしく聴こえるだけ。マザーボードに通電出来なくなっているようだ。要するにオシャカになってしまっている。
こうなると今使っているvistaのデスクトップにLinuxを入れるしかない。
当初の目的どおり、USBからの起動を選べるデュアルブーストの方を採ることにする。ハードディスクにすべてコピーすることなど、とても怖くて出来ない。
大事なファイルのバックアップも済んだし、本腰入れて取りかかることにする。
別の用件で今日はエクセル相手に一日つぶす。体を使うより頭と目を使う方が空腹感が深い。
特大のオムライスを作ってかっ食らう。オムライスやカレーはいい。片手があくから「ながら仕事」が出来る。image
東京の「たいめいけん」だったか。チキンライスの上に中身がふわふわのプレーンオムレツをのせて、それをほぐしながら、ライスにまぶす形で食べさせるオムライスを出す店は。
あれは故・伊丹十三が考案したらしい。彼の妹の旦那である大江健三郎のエッセイにそう書いていた。へえと思った。
件のオムライスは伊丹がメガホンを取った「たんぽぽ」にも登場しているという。テレビでオンエアされた時に観たはずだが、これが覚えてないのだ。
エッセイストでも一流、映画監督としても一流だった才人を自殺に追いやるような脅迫を繰り返した連中。芸術の真反対側にいるやくざを私が蛇蝎の如くに嫌う(あんな連中に人権なんかいらないとさえ思う)理由のひとつである。

いろいろ文句を言われている団塊世代の人たちだけど、彼ら彼女らが若い頃に遺してくれた音楽はやはり今聞いても傑出したものがある。これはちゃんと評価しなければいけない。
評価の重要ポイントは歌詞なんである。ちゃんと詩になっている。団塊の人たちって読むべき本はちゃんと読んでいたなという素養みたいなものを感じる。


「なごり雪」。このまま上質の私小説である。「君の唇がさようならと動く」の一節が素晴らしい。


「自由への長い旅」。「信じたいために疑い続ける」。この精神はいつの時代でも必要だ。

 
「夏なんです」。季節は違うけど中原中也の「春の日の夕暮れ」に通じるものがあるんだななあ。なんとなく。松本隆の詩って季節を感じさせて、ぽいと放り投げてくれるところがいい。


「ガムをかんで」。女と惚けた朝を迎えたアンニュイがなんともいえない。「川向うに行ってごらん」以降の明日が見えない爽やかな虚無感をガムを噛みながら眺めている姿が愛しい。



「恋の西武新宿線」。なんともいえない作品だけど70年代中頃の早稲田から高田馬場あたりの夕暮れの情景ってこんなものだったんだと想像を膨らませてくれる。浜省の若い声が懐かしい。


「一本道」。全編素晴らしい詩。この人の詩集を買ったくらい惚れ込んだ。
まだまだ採り上げたいものがあるのだけど今日はこのへんでお披楽喜。
IMG_20170309_000211






晴れ。朝から寒風吹きすさぶ。時には台風紛いの強風も。
昨日、ベランダで喫煙している時、背筋に刹那悪寒が走り、そののち節々に鈍痛を感じる。微熱もある。市販の風邪薬を服用。鼻炎薬とダブルで睡気と倦怠に苛まれる一日となる。
食欲もさほどなく、先日近所のスーパーで一番ぶっとい麺があったと妻が買ってきたうどんを啜る。軽い風邪の日にはダシがよく効いた素うどんや煮麺が最高だ。IMG_20161126_155344
何もやる気なし。テレビを茫乎の面持ちで観流している。森友学園のズルが次から次へと取りざたされている。理念のご立派な割にはやっていることが卑しい。理事長である籠池某夫妻のさもしい人間性を見た思いである。早晩退学者が続出し、いずれ学校法人自体消滅となるのではないか。
昨日よりイカナゴ漁解禁となったが、獲れ高は今のところ例年の3分の1とのこと。去年も少なかったが今年も先行きあやしい。妻が炊く、いかなごのくぎ煮を楽しみにしてくださっている方がいるので、いささか気を揉む。
熱を計れば37℃。最高時の37.7℃からだいぶ落ちてきた。これが美少年なら微熱を帯びて、薄紅色に染まる顔もまた美しいものだが、60手前のオヤジのそれなど酒焼けの赤も混じり、ただただきちゃならしいだけ、見苦しいだけである。
微熱といえば松本隆の「微熱少年」の文庫本どこへやったのか。ほとんど内容を忘れているのだが、昭和40年代の風俗(東京の)があの当時の流行歌や映画などを織りこんで描かれていたのだけは憶えている。
該本を30年ほど前に読んだ時の思いと、今読み返すとやはり違った視点からの感想が生じるだろう。読書の愉しみの一つである。

↑このページのトップヘ